個人再生には小規模個人再生と給与所得者再生の2通り手続きがあります。
小規模個人再生の場合は債務額によって求められてくるので債務が多くなれば返済を免除される額も多くなります。
債務が100万以上500万までの場合なら返済額は100万円、100万円より少ない場合は全額になってきます。
債務が500万から1500万までの間だったら5分の1まで返済額を軽くできるので破産しようか迷っていたら個人再生を選ぶと全額返済していけます。
小規模再生には保有資産を手放して返済額を減らす方法もあります。
不動産や車を査定に出して評価してもらいその差額分を返済に充てるというものです。
よほどのことがない限り手放すという選択はしない方が良いですし、返せる範囲だったら分割してでも返した方が気持ち的にも楽に返済出来ます。
個人再生は裁判所の判決で決まってくるので破産と同じように手続きの開始前と開始後は官報に掲載されます。
信用情報機関にも登録されるので5年間はクレジットカードの審査はむずかしくなってしまいます。
それでも借金は完済できるので5年間の分割払いにすれば支払いが全部終わった頃には信用情報の記録も消えている頃なので、新たに申し込みすることができるようになります。