借金が増え支払いが困難になった時人はいろいろな債務返済方法を思案しますが、中でも借金を整理して返済しやすくする任意整理が最もデメリットの少ない債務整理法といえます。
メリットとして司法書士や弁護士に任意整理を依頼すると精神的負担の多い借金の取り立てが止む他、交渉の末将来の利息をカットしてもらうことも可能で負担の少ない返済計画に立て直すことができます。
また利息の過払い金がある場合は利息制限法の計算により借入金の減額が行われます。
デメリットとしてはブラックリストに載るため約5年間はクレジットカードを作ることができないようになります。
任意整理を行っている人の多くはクレジットカード作成に抵抗感はなく、複数のクレジットカードを利用して返済金額が多額になり支払不可能になっている現状があります。
また借金することに慣れが生じている場合もありますので、任意整理することで強制的に5年間借金をできなくすることは、借金癖をなくすという意味においても有効だと思われます。
5年間を過ぎればまたクレジットカードを作ることができるようですが、クレジットカードの利用には必ず利息が生じますので返済計画を立てて慎重な利用が望まれます。