債務整理の方法である任意整理と民事再生は、自己破産と比較すると利用している方が少ない事から詳しい違いが分からないといった方が多いと思います。
2つに共通している点として、自己破産とは異なり全額負担を目的としていないといった点が挙げられます。
また、デメリットにも共通している点があります。
完済後5年間は金融商品を利用する事が出来ない事や7年間は債務整理を再び利用する事が出来なくなります。
任意整理の特徴は裁判所を通す事なく、債権者と減額交渉を行う事です。
他の債務整理より手続きが少ない事で短期間で減額をする事が出来る可能性もあります。
また、任意整理で行われる債権者との交渉には依頼先の担当者が代理人として行ってもらう事が出来る事で時間がない方でも利用する事が可能となっています。
民事再生は、裁判所を通して手続きを行います。
完済する事が出来るしっかりとした返済計画を裁判所に提出して認められる事が必要となります。
民事再生は任意整理と異なり、一定額の免除をしてもらう事で完済を目指す事が出来ます。
どちらの債務整理を利用する場合でも返済をする事が出来る安定した収入を得ている事が必須となる事に注意をする事が大切となります。