借金がかさみ返済の見込みが立てなくなったときに行う破産手続きですが、弁護士に依頼をすると当然、弁護士費用がかかります。
破産手続きにかかる費用は大きく2種類ありますが、具体的には(1)裁判費用として1万5千円から財産の状況によって10数万円、(2)弁護士費用として、あくまでも一般的にですが、個人の場合は着手金20万円から、企業の場合は50万円から、成功報酬としておおよそ最大で20万円ほどかかると考えられます。

しかし、そもそも破産を考えている者は、財産がないから行うのであって弁護士費用を支払う余裕は無いと考えることが自然です。
では、そのような場合にはどうすべきでしょうか。
1つは自分で破産手続きを行う方法です。
この本人申立の方法ならば、確かに弁護士費用の必要はありませんので、その分費用面で安くできます。
しかし、やはり教えてもらえるとは言え手続に難しい面があること、財産状況によってはかえって裁判費用が高くつくケースがあります。
よって、本人申立は、それらのメリットとデメリットを考慮して判断すべきでしょう。
もう1つは、複数の弁護士に費用の相談をしたうえで負担の小さい弁護士を選ぶ方法、費用の分割払いをする方法があります。
また、無料の法律相談や法テラスを利用し費用面で信頼できる弁護士に依頼をする方法も良いでしょう。

いずれにしても、よく吟味をしたうえで判断をして頂ければと思います。