辞任通知とは弁護士や司法書士が何らかの理由により、受理した案件に対して辞任する場合に依頼人に送られてくるものです。
債務整理中であっても辞任通知が届くことがあり、案件を継続して担当できない場合に送られてきます。
理由は実に様々で、弁護士が病気やケガによって継続して依頼を進めることができない場合にも辞任することがあります。
とはいえ、こうしたことは滅多に起こることではなく、大抵は債務整理で何らかの問題が起こった場合に通知されます。
辞任通知が送られてくるケースとして主なものは、依頼者に連絡を取りたくても取れない状況が続く時や、費用の支払いがされない、長期間の滞納が続く、必要書類の提出を求めるが遅れがちで手続きが進まない、任意整理後に延滞が続いてお互いに信用ができないといった場合です。
基本的に専門家と依頼人の信用が第一となるものなので、少しでも不信感があればいつでも辞任することが可能ということになっています。
そのため、債務整理で自分に不利となることを隠したまま相談をしていると、バレたときには辞任されていたということもあるため、相談する際はどれだけ不利となる問題でも包み隠さず話すことが大切となります。