即日融資は非常にお金を借りやすいものなのですが、あまり調子に乗ってお金を借りすぎてしまうと、利息の支払いだけで精一杯になることもあるので注意しましょう。即日融資をしてくれるカードローン会社は、金利を割と高めに設定していることが多いです。15%以上の金利になるのが普通なので、大きなお金を借りてしまうと利息の支払額も大きくなってしまいます。
特に複数の即日融資カードローンを併用していると、いくら返済を続けても一向に元本が減らないという状況に陥ることもあります。そうなれば、自己破産をするぐらいしか方法はなくなります。ただ、自己破産をすれば借金はゼロになりますから、命を断ってしまう必要性は皆無です。自己破産はギャンブルにお金を使ったなどという排除理由がない限りは認められるものなので、その点では安心ができますね。
ただし、一度自己破産をしてしまうと、その後七年間は再度自己破産をすることができなくなります。その間は、カードローン等を使うのはやめておいた方がいいでしょう。万が一のときにも救済してもらえるので命を取られることはありませんが、それでもカードローンというものは慎重に使っていくべきものなのです。
お金借りるならどこがいい?みんなが選んだカードローンランキングで、利用するカードローンを絞りましょう。
カードローンは一般的に、返済金額の残りが少なくなるにつれて、増枠の相談にものってもらえるようになる傾向が強いです。
特に大手の消費者金融ほど、金利が高いせいか、返済をしっかりしてる顧客には意外と簡単に増枠をしてくれますね。銀行のカードローン場合は一度限度額を全額返済しないと増枠には応じてくれないケースが多いですが、消費者金融のカードローンの場合は限度額の返済に少し残りがある状態でも、増枠を認めてくれる事もあります。最短の場合は3ヵ月くらいの約定返済後に、30万だった限度額が50万になるケースもありますね。
金利は変わらない事が多いので、貸す側としてはしっかり返済してくれるなら50万の限度額の方が利益が出るので、メリットは十分あります。増枠は大体100万以内の場合が多いですね。それ以上増枠すると金利が下がる事が多いので、100万以上の増枠をする事はあまりないかもしれません。30万の借り入れで順調に返済して返済額の残りが5万くらいになると、金額にもよりますが、30万から40万くらいの増枠なら十分認められる可能性が高いです。流石にいきなり100万とかいう大きな増枠は申し込んでも断られる可能性が高いので、そこは気をつけた方がいいですね。